ホームCSR環境への貢献
CSR

阪神低温では、企業は社会の公器であるという理念のもと社会的責任をはたすため地域に根ざしたCSR活動をおこなっています。
社員ひとり一人が、「グッドイノベーション」のマインドを持って地球市民として行動していきます。

環境への貢献

環境活動理念

私たちは、自然との共生をはかり、良き企業市民として地球環境の保全に十分配慮し、豊かな社会の発展に貢献します。

環境行動指針

1. 改正省エネ法を初め、環境保全に関する環境関連の法規制を順守いたします。
2. 良き企業市民として、事業活動と環境との調和を図り地球環境保全に努めます。
3. 資源・エネルギーの有限性を理解し、廃棄物の削減と資源のリサイクルの推進など有効活用に努めます。
4. 阪神低温で働くすべての人または、当社グループ企業で働くすべての人に、環境保全の意識向上のため積極的な啓発活動を行います。

環境にやさしいオフィス

本社ビルでは、緑のオフィス環境を目指し、観葉植物などを配置。
工場や事務所内で使用する紙や事務用品の量を減らすように努めております。

工場での取り組み

阪神低温の工場では、リサイクルや省エネに積極的に取組んでいます。
また、電力の省エネに役立つ電力監視装置(デマンド監視装置)を早くから採用し、工場での消費電力が予測標準電力使用量を超えないよう消費電力をリアルタイムに監視運用し、電力の節電に努めております。
工場で商品に使用される容器包材は、商品の劣化や保護等にも役立っていますが、お客様が商品を使用したあとはゴミとなってしまうため、食品に使用される容器包材の使用量の削減に努めています。また、一部工場では生産時に出る生ゴミを堆肥として使用、生ゴミの排出量を出来るだけ少なくなるように取組みを進めています。

電力使用量の削減

本社ビルの玄関ロビー照明をLED電球に切替え、事務所内照明も節電タイプの蛍光灯を使用するなど、照明電力の消費とCO2の排出削減に取組んでいます。
休憩時間等で無人の場所は、照明・エアコン・パソコンの電源を切るようにしています。
また、室温効果ガス削減のために、「COOL BIZ」を採用。冷房時の室温が28度を目安に適正な温度管理に努めております。
一部の工場では、電力需要の少ない夜間電力を使用して(夜間蓄熱式機器装置)氷・冷却水を蓄え、昼間の冷房・冷却などに使用、昼夜間の電力消費格差を標準化することに努めております。

ページの先頭へ