ホーム採用情報社員インタビュー
採用情報

社員インタビュー

何が重要かを見極め、まずはやってみる。しっかりと行動に移すことが大切です 2015年入社 営業部 ドライアイス課 兼 鳴尾浜工場 物流・ドライアイス課 課長代理

Q.入社のきっかけは?

前職は物流関係の会社で、営業を担当していました。阪神低温には、ドライアイスという他ではなかなか扱うことのない特殊な商品に興味を持ち入社しました。ドライアイスは、宅配便を始めとする物流から舞台演出のスモークまで様々な用途に使われますが、ドライアイスという単一商品に特化した営業に集中できる点が良いところです。

Q.ドライアイス課のおもな仕事内容は?

ブロック状の大きなドライアイスを仕入れ、お客様の希望サイズに加工してお届けする仕事です。お客様のご要望に応じて、サイズやグラム数などを調整して納品します。

Q.特殊な商品を扱う難しさは?

ドライアイス課の主な取引先は食品会社です。宅配や飲食店の持ち帰りが増えたことで需要は年々高まり、受注も多くいただいています。時間の経過により、どんどん昇華していく物ですので、早く加工して早く納品しなければなりません。加工と納品の両方を考えて段取りすることが難しく大変です。

Q.今の仕事で大事だと思うことは?

この仕事は夏が特に忙しく、しっかりと予定を組んでいても、その通りに業務が進まない場合もあります。日頃から業務の全体像を意識し、必要に応じ他部署の業務も協力しておこなうなど、臨機応変な行動を心掛けています。社内の連携を強め、皆でお客様のことを第一に考え行動する。現状に甘んじることなく、常に改善を繰り返しながら向上心を持って仕事をすることが、非常に重要なことと感じています。
大変だと思うことはありますが、何が重要かを見極め、“まずはやってみる”。しっかりと行動に移すことが大切です。

2019年入社 鳴尾浜工場 製造課 2015年入社 営業部 ドライアイス課 課長代理 2018年入社 東京支店営業部 2018年入社 経営企画室 システムソリューション課 主任 1994年入社 営業部 営業5課 課長 2000年入社 営業部 営業2課 課長代理 2008年入社 工場 製造課本部 課長代理 2008年入社 品質管理本部 主任
ページの先頭へ